黒酢にんにくでいつまでも健康で長生きしよう

ウーマン

高齢者の悩みをサポート

膝を押さえる人

組み合わせる

O脚やX脚などに悩む人には膝の痛みが生じやすく、矯正以外にも膝の痛みを和らげるには歩き方が重要となります。膝を曲げて上体を揺らしながら歩くことによって膝には負担がかかり、脚を踏み出す際や着地する際に痛みが生じやすくなります。また歩行だけではなく、高齢者の場合には正座も背筋が伸びる魅力がありますが、膝への負担は大きくなるため椅子に腰掛けるのが適しています。膝の痛みは立ち座りを意識する一工夫で緩和できる内容で、さらに節々に嬉しい軟骨成分を補う形でスムーズな毎日に繋げられます。特に食事から摂りにくい希少な成分には2型コラーゲンやプロテオグリカンがあり、膝には鶏軟骨などがサポート食と言われています。プロテオグリカンは、うなぎや山芋にも含有されているために健康食品同士を組み合わせた料理から効率よく補うことも可能です。

カルシウム不足

体力や免疫の向上を図ることが膝の痛みに関与しており、高齢者の人の場合にはストレッチや体操など、下半身をメインとした運動を取り入れることで心肺機能が高まります。膝の痛みの原因となる老化のスピードを緩められ、免疫が高まることでケガや炎症などの回復を早めることが可能です。さらに冷えも注意したい内容で、血行不良では膝の炎症や疲労物質が排出されにくくなるため、膝の痛みを和らげる成分や栄養素のみならず、筋力や冷えを緩和できる成分や栄養素に着目することも重要です。またカルシウム不足は高齢者に多く、さらに子供のスポーツ障害の膝痛でもカルシウム不足が問題視されています。乳製品の摂取が不足している現代人には、吸収をサポートするビタミンD3で骨のもろさまで意識することは必要です。